浮気調査 東京 裁判

東京での浮気調査【決定版】

MENU

東京での浮気調査後に裁判になるケースとは

東京での浮気調査後に裁判になるケースとは

東京での浮気調査が終わった後には、さまざまな事案を解決するために裁判まで発展してしまうこともあります。

 

裁判で問題を解決するとなると弁護士のサポートが不可欠となりますので、東京での浮気調査が終わった後に裁判に進むようであれば、弁護士を雇ってください。

 

ちなみに、当サイトが紹介している探偵は浮気問題の裁判に強い弁護士を無料で斡旋しています。

 

では、どのようなケースで裁判まで発展してしまうのでしょうか。

 

以下で具体的に説明しますので、参考にしてもらえたらと思います。

 

慰謝料をめぐって裁判になる

東京での浮気調査が終わった後に多くの人は慰謝料を請求することになると思いますが、慰謝料の金額は数百万円に及ぶこともあるため、なかなか簡単には応じてもらえません。

 

話し合いだけで解決できないようであれば、当然慰謝料問題の解決の場を裁判へ移すこととなります。

 

親権をめぐって裁判になる

もしお二人の間に子供がいらっしゃり、東京での浮気調査後に離婚するのであれば、子供の親権をめぐって裁判になることもあります。

 

浮気をした相手方には絶対に子供の親権を譲りたくないとほとんどの人が思うと思いますが、子供の親権を得るためにはご自身に生活能力があることが絶対条件です。

 

子供を育てるのに十分な生活能力がない場合、浮気をしたのにも関わらず相手側に親権を奪われてしまうこともありますので、ご注意ください。

 

また、ご両親のサポートも親権を手にするための大きな要因となるでしょう。

 

東京で人気の探偵社はこちら