浮気調査 東京 内容証明

東京での浮気調査【決定版】

MENU

東京で浮気調査で内容証明を作成する

東京で浮気調査で内容証明を作成する

東京での浮気調査が終わった後には、内容証明を作成しなければならないことがあります。

 

内容証明とは、慰謝料を請求したことなどを証明するためのものであり、自分で作成することも可能です。

 

ただし、内容証明には法律的なことも含まれますので、法律の知識が豊富な弁護士に作成してもらったほうが確実でしょう。

 

ここでは、東京での浮気調査が終わった後に作成する内容証明の注意点についてお伝えしていきます。

 

内容証明の書き方

内容証明の書き方に大きな制限はありませんが、長期保存できる紙で作成することが基本となります。

 

内容証明は郵便局で5年保管されることとなっていますので、コピーに使用される感熱紙は保存に耐えられないということからNGです。

 

また、使用できる文字についても決まりがありますので、やはり東京での浮気調査が終わった後に弁護士に相談したほうが良いかもしれません。

 

内容証明の費用

内容証明をご自身で作成する場合、基本料金にプラスして加算料金の430円が必要です。

 

弁護士に依頼すると1万円から2万円程度かかってしまいますので、ご自身で作成したほうが大幅にコストを節約することができますが、内容証明は正確性が求められます。

 

したがって、費用がかかるとはいえ弁護士に作成してもらったほうが良いでしょう。

 

関係修復を希望する場合は内容証明を出さない

内容証明は、一種の宣戦布告のようなものです。

 

東京での浮気調査が終わった後に内容証明を出した場合、それ以降の関係修復は望めませんので、もし東京での浮気調査後に関係を元に戻したいのであれば、内容証明は出さないでください。

 

東京で人気の探偵社はこちら