浮気調査 東京 弁護士

東京での浮気調査【決定版】

MENU

東京で浮気調査に弁護士は必要?

東京で浮気調査に弁護士は必要?

東京で浮気調査を依頼する場合、当然探偵を利用することになると思うのですが、中には弁護士に浮気調査を依頼したことがあるという人もいらっしゃるかもしれません。

 

弁護士は東京での浮気調査業務を行っていませんので、浮気調査はプロの探偵に依頼しましょう。

 

ただ、東京での浮気調査と弁護士とは切っても切れない関係にあるといっても過言ではありません。

 

ここでは、東京での浮気調査でどのような時に弁護士が必要になるのか説明したいと思いますので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

 

慰謝料請求で裁判をする際に弁護士が必要

東京での浮気調査が終わったあら、慰謝料を請求することがあります。

 

もし請求した慰謝料の金額に相手側が納得できないのであれば、問題解決は裁判まで持ち越されることとなるでしょう。

 

その際には、弁護士のサポートを受けることとなります。

 

なお、結婚しておらず、交際している期間が短い場合は慰謝料を請求することができない可能性もありますので、その点については弁護士に相談してください。

 

ちなみに、当サイト「東京での浮気調査【決定版】」中で紹介している業者は、弁護士とのつながりもあるため、慰謝料請求裁判の経験が豊富な弁護士を紹介してくれます。

 

誓約書を作成する際に弁護士が必要

浮気を二度とさせないためには、誓約書にサインさせると良いでしょう。

 

ただし、誓約書は正しい形式で書かなければ法的な拘束力が失われてしまいますので、この際にも弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

 

東京で人気の探偵社はこちら